ペアーズとオミアイの実体験で比較してみました

ペアーズで本当に出会えると知って、出会い系アプリomiaiに手を出した結果

今回はペアーズとオミアイの比較と、実際にこういう出会い系アプリでも

女性と出会えるということを知った、「管理人 しゅう」の体験と思ったことも合わせてお伝えします。

 

なぜオミアイに手を出したのか??

初めに迷ったのが、ペアーズとオミアイ、どちらでアプリを始めるのか非常に迷いました。

そして、中々決まらなかったので、両方無料会員登録をしてみました。

この時点では違いがあまりわかっていませんでした。

両方共ちょっとずつはいいね、マッチングしてましたが、気に入った方とは中々マッチング出来ていない状況でした。。

 

しかし

 

初めにペアーズの方で気になる女性とマッチング出来ました!

非常に有料化には迷いましたが(この時はまだ、自分もなりすましがいるとか、出会い系のアプリなんかにお金を払ったら負けだと思ってました。)、有料登録をしました★

ただ、やはりモテモテというわけではないし、自分に合わないと後から分かる場合もあるわけで、

マッチングして、LINEの交換までしても、続かない場合も多々あるんです。 そして初めに出会った方ともこのケースで続きませんでした。。

→女性側は可愛い子や、うまくプロフィールをかけている方は、常に「いいね」が来てる状態なので、同時進行で色んな方と出会っていると思うので、合わないと返答が途切れます。

 

そこで、ペアーズでもちょいちょい出会えてるんだから、オミアイにも登録したら出会う機会が2倍に増えるんじゃないか!?と安直に考え、登録してみた次第です。

 

オミアイにも登録してみて気づいたこと、思ったこと。

一先ず、私が体験した事で気づいたことの要点をまとめました。

・料金が高い!

Pairs(ペアーズ)が1898円〜 に対して omiai(オミアイ)が2780円〜と1000円程違います。

 

・ログインでペアーズは「いいね」が「毎日1日1イイね」「3日目には3イイね」「5日目が5イイね」をループでもらえるんですが、オミアイはこれがないんです。

この「いいね」を貰えるのは非常に重要で、自分が気に入った子が新しく入っても、使い切ってたら「追加料金で購入するか」、「1ヶ月おきの契約更新時にもらえる30いいね」で手に入れるまで自分からアプローチが出来ないので、完全に相手からのイイね待ちになるんです。

これは短期決戦をしようと思う上で非常に都合が悪いです。ペアーズの場合は30日間ログインで、なんと「タダで66イイね!」がもらえるのでこの差は非常に大きいです。

購入しようと思った場合、66イイねは大体5000円相当します

注意:スマートフォンからのログイン(私の場合はiphoneでした)に限る!! PCからのログインではもらえません。

 

・年齢層が若干高い。

ペアーズが20代〜30代前半が多いことに対して、オミアイは20代後半〜30代後半ぐらいが非常に多いです。

基本的に自分は「20代〜30代」で検索していたので、その差がはっきりとわかりました。

これはよくも悪くもです。あなたが40代で近い年齢の女性を探しているのでしたら、オミアイのほうが向いている場合もあります。

 

・登録者は、非常に恋愛や結婚に興味があるので、ペアーズとオミアイ両方している方が多い。

これはどういうことか?

→女性は無料(ペアーズは全年齢女性、オミアイは10代20代女性が無料)なので、両方のサイトで私の女性版のように出会いの幅を広げるために登録している人が非常に多いです。

これは男性からしたらお金の無駄です!

 

まとめ

一番最後の赤字部分からまず、

本気で彼氏を探している女性は両方登録してるんですから、イイねがたくさんもらえ、なおかつ、値段も安い方のペアーズで十分ということです。

私が、28歳だったことも影響しているかもしれませんが、実際にペアーズの方が1.5倍ぐらいオミアイよりマッチングしました。

 

本当に自分に合うかどうかも分からないが、

一人も取りこぼし無く、女性と出会いたいというのであれば、両方の登録をおすすめしますが、一先ず彼女がほしいなといった具合なら、ペアーズ一択で問題無いです。

 

私は実際に「ペアーズ」で彼女を作ったのですが、この彼女もオミアイに登録していました。

今では一緒にやめましたが。。

友人にも進めているのですが、私はペアーズしかすすめたことはないです。

 

あくまで私の場合ですので、全てが正しい訳ではありませんが、

特に「ログインプレゼント」「値段が1000円違う」「実際に女性は両方登録しているのでどちらかで十分」という点でペアーズ一択だと思います。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ