pairs ペアーズでモテる方法 いいねを増やす方法

★ペアーズでモテる方法 殆ど男女共用★

あなたが「イケメンや、美女、少し変わった個性など」がない、

普通なのであれば、少しでも「いいね」を貰えるように工夫をする必要があります。

「モテる男女」は確かにアドバンテージがありますが、私がしていて思ったのは、

必ずしもそれだけではペアーズやオミアイなどでは敵なしの無敵ではないということです。

 

例えば検索した際に異性の「いいね」が見れる時があったのですが(多分期間限定か、お試しのPREMIUM登録だったのか今となってはわからないですが。。)、

100件以上イイねがきている女性だからといって、いわゆる美人や、モデルっぽいとかではないんです。

確かにそういう子はある程度以上いいねを取ってますが、極稀に200とか300いいねをもらっている子は、至って普通の子が多いです。

その子たちはしっかりとしたプロフィール作り、写真もバリエーション豊かに載せていることが多いです。

 

ここから私は、モテるための秘訣=いいねをもらう秘訣は、これ以上は教えられないよってほど自分をさらけ出す必要はありませんが、少なくともプロフィールは90%ほどは埋め、

写真も分かりやすいもの(例えばペットの写真やアニメの写真じゃ、どんな人かもわからないです。)を相手の立場から考えて載せてみましょう。

多少写真のほうが可愛く、かっこよく見れるように盛って撮ってもよいです。

載せないと土俵にも立っていないと思って下さい。

あなたが逆に異性を検索した際にスルーした人を見たらわかります。それと同じ様なプロフィールづくりをしていませんか??

 

男性向けですが、youtubeでペアーズでモテるための動画がありました。

この方は「写真はいらないという」 方法で 細かくプロフィール作りに関してと、マッチング後のやり取りのマナーを解説しております。

確かにプロフィール作りや、やり取りのマナーについては非常にさんこうになりますが、

私はやはり、これプラス更に写真を出来る限り載せることをおすすめします。

女性のかたは無料なので、気長に待つのもアリかも知れませんが、男性は有料で、短期決戦で作っていかないと、いつまでたっても課金され続けます。

この差がありますので、男性に関しては、後で写真送ったら連絡来なくなった。。。では寂しすぎるので、自信がなかったとしても、出来る限り良い自分を撮って載せることをおすすめします。

 

男性の方の写真の撮り方

写真の撮り方は、人にとってもらった写真など、「旅行に行った時の写真」みたいなものが一番好印象です。

あからさまに写メで撮りました、携帯の内カメラで撮りました の様な写真は逆効果です。

あまりキメすぎず、自然な感じが一番です。

ソースは自分が写真を切り替えてからのイイねの量が増えたこと。

オミアイでは同性の自分よりイイねをたくさんもらっている猛者を見れるのですが、その猛者達がメインで使っている写真が殆どそうであったためです。

毎日のように暇があれば見てましたが、写メ撮りは0に近いです。

 

女性の方の写真の撮り方

これは男目線からなので非常にアドバイスしやすいです。

まず、下記のようなメイン写真の場合、プロフィールまでも進まないです。絶対にやめたほうがいいです。

・動物(例えばペットの犬や猫でも)。

・写真やプリクラで色んな人と写っていてぱっと見でどれがその人の写真かわからない。

・男性と写っている

・芸能人の写真

・部屋が汚いのに部屋で自画撮り

など。

逆の立場で考えて下さい。あなたがもし毎月お金を出して、30人しかいいね出来ない男性側だったとして、メイン画像が上記のような方にイイねしますか?

しないですよね。。。。

「女性は男性よりイイねが来やすいです(男女比率が6;4なので)。

真正面からじゃなくてもいいので、出来るだけ回りの状況も綺麗にシンプルで、

笑顔で撮ったものに変えるだけで、イイねの量は絶対に増えます。」

 

まとめ

・プロフィールを90%以上は埋める。

・フリースペースでは出来る限りアピールを。マイナス要素(例えばたまにギャンブルしてても など)をわざわざ書かない。

・写真は出来る限りフルで載せる。メインに関しては分かりやすい、シンプルな自分の写真を。

・プロフィール、写真は自分が頑張って変えれる範囲なら少しぐらい盛った方がいい。

・女性は笑顔で撮れた写真、男性は趣味や旅行中の写真なんかがメイン画像にベスト。

あたりまえだと思うかもしれませんが、80%以上の人が上記どこかかけています(男性目線からなので女性会員は)。

 

すこしプロフィールや写真を変えるだけで、彼氏彼女のいる、良い未来が出来る可能性は広がると思いますよ(^O^)

サブコンテンツ

このページの先頭へ